進出

日本と中国の事業や技術やノウハウをマッチングします

日本企業には、世界に誇れる「事業」がたくさんあります。
事業とは、ビジネス上の仕組みであり製品でありスキームであり技術でありノウハウです。
しかし、世界と戦えるこれらの貴重な武器が日本国内だけに滞留し、中小企業を中心とした構造的不況を招いているように見えます。

日本再生にはどのような業種であっても海外進出が必要です。今後、その確率はより高くなるです。
とはいえ、特に中小企業では、億単位の資金で現地法人を設立して一から工場や販路を構築するだけの余裕がないケースが多々あります。 大企業間では国際的なM&Aが見受けられますが、会社売買を中小企業ベースでビジネスとして行うのは資金と時間と手続の点で容易ではありません。

そこで、我々は会社丸ごとではなく、その中に埋もれている仕組みや製品やスキームや技術を抽出して、中国企業へ個別にアプローチする事業を展開しています。
我々は、日中の弁護士や会計士が集まったチームとして日本・中国・欧米の各種企業と共にビジネスを展開してきました。法人設立・会計税務処理・法務顧問は勿論、多くのトラブル案件の解決に動いてきた経緯もあり、中国国内で幅広いネットワークを築いています。

弊社弁護士の中には、政府部門(上海市貿易促進委員会等)の在籍経験者や、浙江商会副会長等のプロフェッショナルも在籍しています。 また会計士の中にも、政府関連の大手外貿公司責任者の経験保有者や新華社通信記者経験者等が存在し、豊富な人材で民間企業や政府部門に多数の人脈を有しています。

これらのネットワークを最大限に駆使し、世界に誇れる日本企業の事業の一部を中国に進出させます。

中国の総代理店として弊社がビジネスを行います

上記マッチング業務に加え、弊社理念に合致する場合、弊社自らが「中国内での事業展開代理権」を頂いて活動するケースもあります。
確実に利益を生むと推測されるにも関わらず提携先が見つからない場合、技術やノウハウを完全に中国側に明け渡すことなく中国進出したい場合等、第三者を一切挟まずに日本企業と我々だけで中国ビジネスを行うことが可能になります。
日本でも中国でも綿密な打ち合わせができるのが弊社の特徴でもあり、スピード重視の巨大国家に一緒に立ち向かっていきたいと考えています。

独自ルートによるビジネス調査を行います

業界調査、会社調査、人物調査等、ビジネス関連のあらゆる調査を行っています。
マスコミや政府関係等の豊富な人脈に裏打ちされた的確な市場調査は特に日系の上場企業様で重宝されてきました。 他の調査会社の結果では満足が得られなかった場合等には一度お問い合わせ下さい。

中国ビジネストラブル解決

合弁会社の相手方とのトラブル、従業員不正、売掛金未回収、不自然な請求、詐欺被害、多額の追徴課税や罰金、税務当局からの理不尽な指摘、商標権侵害等、中国でのビジネストラブルを解決します。
日本企業の視点で問題点把握を行い、財務調査や訴訟やM&A等の手法の中から最適解を提案します。

<我々は日中の弁護士、会計士、税理士、司法書士等の専門家集団です>

弊社の中国法律部門は12名の弁護士が在籍し、国際刑法協会会員、上海法学会理事、中国国際商会浦東分会会員、上海財経大学の法学部教授等の公職も担当しています。
更には日本人法律専門家(司法書士・弁護士)も在籍し、日中間のビジネスサービスを提供しています。

弊社の会計・財務・税務部門は、7名の会計士から構成され、中国公認会計士、中国会計士、英国公認会計士、アメリカ金融分析士(CFA)、日本国公認会計士・日本国税理士等が在籍しています。

中国ビジネスは日本のビジネスとは異なり、①法律及び財務の知識、②政府部門との交渉力、③人脈の3つが揃わなければ前進しないケースが多々あります。
我々はこの3つの要素は全て社内で完結させ、日本企業向けのサービスを行っています。

このページの先頭へ